6月28日は川平小学校の4〜6年生23名に、サンゴ学習の二回目を行いました。

 

アクティビティ「出会いはサンゴ礁」では、1つの絵が2つのピースになっていて、ぴったりくっつけると、生き物の関係性がわかるようになっています。

 

あ、ぴったりの見〜つけた☆

 

親と子で 似ても似つかないお魚もいます。 なんでだと思う?

 

絵がとっても魅力的なので、子どもたちはよ〜く見ていました!


サンゴ礁の生き物のさまざまな暮らしぶりや、生き物同士のつながりに触れられました。
 

その後の「お魚ビフォー・アフター」というアクティビティでは、シュノーケルでのお魚観察眼を養いました。

今度のシュノーケルでは「お気に入りの生き物」を見つけてもらうことを話し、

スタッフが実際に撮ってきた魚の動画を見た後、まずは描いてみま〜す!

 

そして魚の特徴をどう捉えるのか、ポイントを伝え、もう一度動画を見ます。


 

もう一度動画を見て、絵を描いてもらいます。  観察眼によって、自分の絵がどのくらい変化したかを、発表しました。

 

絵がこんなに変わりましたよ〜 すごいね!

 

最後に、サンゴの生き残りゲーム「どーなるコーラル」をやりました。

サンゴの幼生、プラヌラが立派なサンゴになるまでには、いろんな試練が待ち構えています。

そして、サンゴになってからも、何らかの要因で減少してしまいます。

そんなサンゴを取り巻く現状を、自分たちがサンゴになって疑似体験してみました。

ゲームの結果をふりかえって、実は同じようなことが石垣島でも起きていることを伝えました。

 

例えば台風が全く来ないと「海水温の上昇」、大雨が降ると「水が濁って光合成できない」、新空港ができて観光客が増え「サンゴが踏み荒らされてしまう」などにより、サンゴの数は減り、いくつか重なると壊滅的なダメージを受けます。

そう、2016年の石西礁湖のサンゴの7割が白化してしまったように。。

 

逆にサンゴの住みやすい条件がそろうと、サンゴはどんどん増えます。

サンゴはもともと生命力の強い生き物です。過酷な状況下でも、たくましく生きていることが分かりました。

 

次のシュノーケルでは、そんなサンゴや、生き物たちを実際に見られるのがとても楽しみですね!


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

連絡先

0980-89-2555(代表:大堀) info@wakuwaku35.net

Profile

Archive

Selected Entry

Link

Mobile

qrcode

Other

Search