川平中学校 サンゴ学習その1

 

 わくわくサンゴ石垣島の活動は、これまで小学生を対象に行ってきました。

今年度は初めて中学校にもお邪魔することになりました!

中学校の学習内容にあったサンゴ学習プログラムって

どんな感じになるのでしょうか?

私たちスタッフも試行錯誤の年になりそうです。

 

さて、対象校となった川平中学校は全校で16名。1~3年生まで一緒に授業を行います。

 

事前学習1回目の本日はアクティビティ満載です。

「青い地球」。海:陸の表面積比を確率を使って求めます。

「サンゴ礁の生物多様性」、「サンゴ礁食物連鎖ゲーム」では

サンゴ礁が生物多様性の高い海域であり、そこではサンゴが食物連鎖の

重要なカギを握る生物であることを学びました。

最後は恒例の「どーなるコーラルサンゴ生き残りゲーム」

サンゴが様々な環境要因によって増減している様子を体感。

そしてまとめに夏休みの調べ学習につながるような仕組みを作ってみました。

 

中学生と一緒にスタッフも勉強の1年になりそうです!

 

 

 

台風7号の影響で、7月2日に予定していたシュノーケル観察会の予定は延期になりました。

 

ままならない、どうしようもないことと折り合いをつける。

 

そういったことを知るのも、自然体験の中で大事な学びだと思います。

 

この日は急遽、事前学習3回目となり、台風にちなんで雨→水→地球上の水の存在や、雨がもたらす海への影響を体験を通して

 

学びました。(プロジェクトWETより)

 

その後、シークレットボックスに入れたサンゴの骨格を手で触ってみて、

 

「伝え方を考えよう」というテーマで、感じたことを表現する方法を学んでみました。

 

一人が触って感触を言葉であらわしたり、体で表したり、そしてもう一人がそれを絵にしてみる。

 

言い表したりすることって大人でも意外と難しいもの、です。

 

どんなしたら伝わるかな〜と工夫すると、本物そっくりに伝わったり。

 

その後はグループに分かれて、いろんな種類のサンゴの骨格をじっくり観察しました。

 

感想の発表。みんなよく見て、いろいろ感じ取ってるんだな〜と分かりました。

 

そして、スライド「石垣島のサンゴに起こっていること」を見せてもらいました。

最後にシュノーケルに向けて、海の危険生物の話をしました。

 

来週こそはシュノーケルできますように〜!!

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

連絡先

0980-89-2555(代表:大堀) info@wakuwaku35.net

Profile

Archive

Selected Entry

Link

Mobile

qrcode

Other

Search