さぁ、「わくわくサンゴ石垣島」のサンゴ学習、スタートしました!

初授業はサンゴ学習2年目、川平小学校の5,6年生12名の子どもたちです。

環境省より「西表石垣国立公園子ども自然ふれあい業務」の委託を受け実施いたします。

 

子どもたちはそれぞれしっかり成長していて、元気のよさ、意欲はパワーアップ!

「去年のサンゴ学習、楽しかった人〜?」と聞くと全員が挙手!!

 

はたして、どれだけ学びが定着してるかな?‥「サンゴ博士テスト」を実施してみると、

あらあら、意外とまっさらな状態ということが分かりました。(笑)

いいんです、ここからがスタートですから。

これから1年間、どれだけ学びの変化があるか?とわくわく楽しみです。

 

川平小学校はシュノーケル体験も含めて、一学期に全5回の予定です。

 

第一回目は‥

 ・「レンジャー」さんのお仕事

 ・サンゴ博士テスト NEW!

 ・サンゴ産卵密着レポート

 ・サンゴ進化じゃんけん  NEW!

 ・サンゴ15 (サンゴにまつわる15のお話)

 ・海のゴミのお話

 

という盛りだくさんの内容でした。

 

以前からの教材に加え、新たな手法も取り入れながら、よりよい授業づくりを工夫しています!

わくわくサンゴ石垣島スタッフも、環境省や学校、地域のご家庭と連携しつつ、

子どもたちに「石垣島の自然の豊かさ、素晴らしさ」を伝えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

夏休みも明けて、2学期もサンゴ学習はじまります!

 

学校行事や地域行事、部活動など、子どもたちも忙しく充実した日々を過ごしています。

 

さて9月11日、川平中学校のサンゴガーディアンズプログラム第3回「コーラルウォッチ」を実施しました。

 

教室で1学期のふりかえりや、サンゴの大量白化のスライドを見る間、時折激しく降る雨‥

 

しかし、移動〜観察しているときは運よく雨が上がってくれました。

 

「コーラルウォッチ」はサンゴの色の濃さでサンゴの健康度を調査するもの。

 

(サンゴはストレスを受けると白くなってしまいます。)

 

それと、「イノーの生き物ビンゴ 激レアさんを探せ!」も同時に行いました。

 

先生方も生徒とともにグループ毎に分かれて、調査と散策を大いに楽しみました。

慣れてくると生き物がどんどん見つかるようになってきて、

野生の勘が冴えて、激レアさんを見つけた子や、

 

半透明のうっす〜〜いフィルムのような生き物を掌にのせ、衝撃を受けた子、

 

カニとはさみで語らう子、

 

稲わら持参でタコ獲りの仕掛けをつくっていた先生などなど。

教室をはなれ、海の豊かさを肌で感じる、新鮮で特別な授業でした。

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

連絡先

0980-89-2555(代表:大堀) info@wakuwaku35.net

Profile

Archive

Selected Entry

Link

Mobile

qrcode

Other

Search