台風7号の影響で、7月2日に予定していたシュノーケル観察会の予定は延期になりました。

 

ままならない、どうしようもないことと折り合いをつける。

 

そういったことを知るのも、自然体験の中で大事な学びだと思います。

 

この日は急遽、事前学習3回目となり、台風にちなんで雨→水→地球上の水の存在や、雨がもたらす海への影響を体験を通して

 

学びました。(プロジェクトWETより)

 

その後、シークレットボックスに入れたサンゴの骨格を手で触ってみて、

 

「伝え方を考えよう」というテーマで、感じたことを表現する方法を学んでみました。

 

一人が触って感触を言葉であらわしたり、体で表したり、そしてもう一人がそれを絵にしてみる。

 

言い表したりすることって大人でも意外と難しいもの、です。

 

どんなしたら伝わるかな〜と工夫すると、本物そっくりに伝わったり。

 

その後はグループに分かれて、いろんな種類のサンゴの骨格をじっくり観察しました。

 

感想の発表。みんなよく見て、いろいろ感じ取ってるんだな〜と分かりました。

 

そして、スライド「石垣島のサンゴに起こっていること」を見せてもらいました。

最後にシュノーケルに向けて、海の危険生物の話をしました。

 

来週こそはシュノーケルできますように〜!!

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

連絡先

0980-89-2555(代表:大堀) info@wakuwaku35.net

Profile

Archive

Selected Entry

Link

Mobile

qrcode

Other

Search